【重要】『TOLOT+アプリ』(マネタイズAPI)終了について

利用規約

TOLOT+アプリ(マネタイズAPI)利用規約

2013年3月27日 制定

第1条(総則)

このTOLOT+アプリ(マネタイズAPI)利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社TOLOT(以下「当社」といいます)が提供する、「TOLOT+アプリ(マネタイズAPI)」以下「マネタイズAPI」といいます)に関連するサービス(以下「本サービス」といいます)および技術仕様書(以下「本仕様書」といい、本サービスと併せて「本サービス等」といいます)の利用条件を定めるものです。本サービス等の利用は、本規約をよくお読みいただき、本規約内容を承諾されたことを前提としています。本サービス等を使用することにより、自動的に、お客様は本契約の各条項に同意したものとみなされます。もし同意いただけない場合は、サービス等を使用することはできません。

第2条(定義)

本規約で記載する用語の定義は、各条文中に定義するほか、以下のとおりとします。
(1)「API」とは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースをいいます。
(2)「開発者」とは、本サービス等を利用してアプリケーション等を開発する者で、当社に本サービス等の利用を承認された者をいいます。
(3)「連携」とは、マネタイズAPIを用いて当社が提供するアプリと連携する、および連携に関する全ての機能のことをいいます。
(4)「連携アプリ」とは、当社のアプリケーションと連携することを目的とする、開発者が開発・頒布するアプリケーションをいいます。
(5)「当社アプリ」とは、連携アプリと連携する、当社が提供するアプリケーションをいいます。
(6)「ユーザー」とは、当社アプリおよび連携アプリの利用を許可された者で、自ら当該アプリを利用する者をいいます。
(7)「フォトブック」とは、ユーザーの依頼を受け、本サービス等を通じて保存・編集された、文字や画像等の集合およびその編集データを利用して当社が印刷・製本するブック型のアルバムをいいます。
(8)「開発者アカウント」とは、当社から開発者に対して、開発者ごとに付与される、本サービスを利用するためのアカウントをいいます。
(9)「appCode」とは、当社から開発者に対して連携アプリごとに付与される、本サービスを利用するために必要な文字列をいいます。
(10)「ユーザー情報」とは、ユーザーが保有する電子データ等の情報およびユーザーに関する一切の情報をいいます。

第3条(本規約の範囲)

  1. 当社は、本規約の他に本サービス等の利用条件、利用上の決まり等を規定する場合があります。その場合、その規定の名称が何であるかを問わず、本規約の一部を構成するものとします(これらを総称して「本規約等」といいます)。
  2. 本規約の定めと、本規約以外の本規約等の定めが異なる場合は、本規約の定めが優先して適用されるものとします。

第4条(本規約の変更)

  1. 当社は、開発者の事前の承諾を得ることなく、本規約等を、任意の理由で随時変更することができ、開発者はこれを承諾するものとします。
  2. 変更後の本規約等は、当社が別途定める場合を除いて、本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。
  3. 開発者が、本規約等の変更の効力が生じた後に本サービス等を利用した場合は、変更後の本規約等の全ての記載内容に同意したものとみなされます。
  4. 本規約等が変更される場合には、変更以前に開発者によって開発されたアプリについても、変更後の本規約が適用されるものとします。

第5条(本サービスの内容)

  1. 開発者は、フォトブックの作成および注文の補助をすることを目的として、本仕様書を利用して連携アプリを開発し、当該連携アプリを通じて本サービスを利用することができます。ここでいう本サービスの利用とは、ユーザーが注文しようとするフォトブックに含まれる文字、画像や編集データ等を、当社アプリと連携することを含みます。
  2. 本サービス等の提供範囲は、当社が個別に認めた場合を除き、日本国内に限られるものとします。
  3. 当社は、本サービスにかかるネットワークその他のメンテナンスを、定期・不定期を問わず、当社の判断に基づき実施するものとします。当該メンテナンスにより本サービスが中断・停止した場合であっても、開発者は異議を述べることはできません。万一、当該メンテナンスにより開発者が損害を被った場合であっても、開発者は当社その他第三者に対して、一切その賠償を請求することはできません。

第6条(開発者の資格および開発者情報の登録・変更)

  1. 本サービス等の利用を希望する者は、本規約等の内容に同意した上で、当社が定める方法により、利用の申し込みを行います。なお、利用の申し込みをした者(以下「利用申込者」といいます)は、当社がその申し込みを承認した時点で開発者となり、本サービス等を利用するための開発者アカウントが付与されます。
  2. 本サービス等の利用申し込みを受けた当社は、利用申込者が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、本サービス等の利用を承認しない場合があります。
    (1)利用申込者が20歳未満である場合
    (2)利用申込者が、日本国内に主たる住所を有していない場合
    (3)利用申込者が、日本語で円滑なコミュニケーションを図れない場合
    (4)利用申込者が、前項の方法によらずに利用の申し込みをした場合
    (5)利用申込者が、アダルトサイト、アダルトサイトへのリンクやアダルトバナーを掲載しているサイト、ギャンブルを推奨するサイト、暴力・虐待を推奨するサイト、人種差別的なサイト、適用される地域における法律等に違反するサイトその他当社が不適切と判断するサイトの運営・管理に関与している場合。また、当該サイトと同内容のアプリケーションを開発・頒布等している場合
    (6)利用申込者またはその関係者が、反社会的勢力の構成員もしくはその関係者である場合
    (7)申込内容に虚偽の記載があったことが判明した場合
    (8)申し込みをした者が実在しない場合
    (9)利用申込者が、過去(利用申し込みをした時点を含みます)に、本規約等の違反により、本サービス等の利用承認が取り消されている者である場合
    (10)利用申込者が、利用申し込みをした時点において、マネタイズAPIを搭載する予定の連携アプリを頒布していない場合
    (11)連携アプリを、当社が指定するアプリケーションダウンロードサービスその他の方法により取得できない場合
    (12)その他、当社が不適切と判断した場合
  3. 連携アプリが有償で頒布されている場合、利用申込者は当社に対し、利用申込時に、当社で連携アプリの内容を確認するために必要な、無期限かつ無償のライセンスを発行するものとします。

第7条(登録情報の変更)

  1. 開発者は、本サービス等の利用申し込みの際に登録した情報に変更が生じた場合は、速やかに本サービスの管理画面、その他当社の指定する方法にて情報を変更するものとします。
  2. 開発者が前項に定める情報の変更を怠ったために、当社からの通知または送付された書類が延着し、もしくは送達されなかった場合には、通常到達すべきときに到達したものとみなされます。
  3. 開発者が第1項に定める情報の変更を怠ったために、当社からの支払いが遅延し、または行えなかった場合には、当社は履行遅滞の責任を負わないものとします。

第8条(アカウント、パスワードの管理責任)

  1. 開発者は、本サービス等の利用に必要な開発者アカウントまたは当該アカウントに関するパスワードを、第三者に使用させ、あるいは第三者と共有することはできません。開発者は、自らの開発者アカウントおよび当該アカウントに関するパスワードの使用、および管理について、一切の責任を持つものとします。
  2. 当社は、開発者アカウントまたは当該アカウントに関するパスワードが第三者に使用されたことによって当該開発者が被る損害については、一切の責任を負いません。
  3. 開発者は、開発者アカウントまたは当該アカウントに関するパスワードが盗まれるなど、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨連絡するとともに、当社からの指示がある場合にはこれに従います。

第9条(登録解除)

  1. 開発者は、自己の自由な意思で本サービス等の登録解除をすることができます。開発者が登録解除を希望する場合には、当社が定める方法により、本サービス等の登録解除の申し出を行うものとします。
  2. 当社は、開発者が次の各号に掲げるいずれかに該当する場合には、当社の判断で、開発者を強制的に本サービスから登録解除し、本サービス等の利用をお断りする場合があります。
    (1)第6条の方法によらずに利用申し込みを行ったことが明らかとなった場合
    (2)本規約等に違反した場合、または違反するおそれがある場合
    (3)当社から開発者に対する電子メールが3回以上連続して到達しなかった場合等、当社から開発者に対する連絡が困難と当社が判断した場合
    (4)当社から開発者に対して、2年以上にわたり第12条に定める報酬の支払いがなかった場合
    (5)開発者が死亡した場合
    (6)開発者が、仮差押、仮処分、差押、競売、租税滞納処分等の公権力による処分を受けた場合
    (7)開発者が、支払いを停止したとき(手形または小切手の1回目の不渡りを含む)または手形交換所の取引停止処分を受けた場合
    (8)開発者が、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申し立てがあったときまたは解散もしくは営業の廃止を決議した場合
    (9)関係官庁から営業の許可取消または停止処分を受けたとき
    (10)その他、当社が不適切と判断した場合
  3. 本条の定めに従って登録を解除し、または解除された開発者は、当社から提供された仕様書その他のデータ(その複製物も含みます)および、本サービス等を通じて得たユーザー情報等を速やかに削除するものとします。また、当社が要求した場合は、当該データ等の廃棄証明を提出するものとします。
  4. 当社は、本サービスの登録を解除された開発者の個人情報等、一切の情報を、解除後も引き続き保有する義務を負わないものとします。

第10条(利用環境の整備)

  1. 開発者は、自己の利用環境に応じて、コンピュータウイルスの感染の防止、不正アクセスの防止および情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、当社は、ユーザーの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。
  2. 開発者は、本サービス等を利用するために必要な機材(パソコン、スマートフォン等を含みます)、ソフトウェア(OS、アプリケーション、ブラウザ等を含みます)、および本サービス等を利用するにあたって必要な一切の開発環境は、開発者が自らの費用と責任において用意するものとします。

第11条(アプリの開発・公開条件等)

  1. 開発者は、連携アプリを開発・頒布等するにあたり、以下の各号に定める事項を遵守するものとします。万一、開発者が以下の各号に定める事項を遵守できない場合は、当社の判断により、開発者に対する本サービス等の提供を中止する場合があります。
    • (1)本サイト上の情報その他当社から提供される情報(以下「情報等」といいます)を、連携アプリを開発・頒布する目的にのみ使用すること
    • (2)開発者自身の自己責任において連携アプリを開発するものとし、連携アプリに起因して発生した一切の事項についてあらゆる責任を負うこと。また、当該事実を、連携アプリを利用するユーザーに対して明示的に表示すること
    • (3)連携アプリを開発・頒布する場合には、当該連携アプリの開発・頒布に必要となる各種の利用規約等(Apple社、Google社等が定める開発者向け利用規約を含み、その名称を問いません)を遵守すること
    • (4)連携アプリが、当社が提供する本サービスに連携するために必要な仕様と常に互換性を保つように適宜バージョンアップを行うこと
    • (5)連携アプリに、法令上、契約上、その他の理由で表示を義務づけられる事項(オープンソースソフトウェアのライセンス表示を含みます)、その他当社が要求する事項を、適切な箇所に適切な大きさで表示すること
    • (6)連携アプリに含まれる連携機能を利用できる対象を、日本国内に在住しており、当社からフォトブックが配送可能なユーザーに限定すること
    • (7)連携アプリに関して、開発者とユーザーとの間で何らかの紛争が起こった場合は、その内容を速やかに当社に対して報告すること
    • (8)連携アプリには、以下の表示を行わないこと。
      • ①当社の公認または支持、提供によるものである旨またはこれと混同、誤認させるような表示
      • ②他の個人または法人その他の団体と混同、混乱または誤認を生じさせるおそれのある表示または自己に関する情報についての虚偽、誇張
      • ③ユーザーに誤解を招くような表現や表示、または理解できない表現や表示
      • ④ユーザーが予期しない動作および画面遷移、またはそれらを誘発させる画面構成および表示
      • ⑤ユーザーの意図しない画面または表示の再読み込み
      • ⑥ユーザーの利用の妨害および操作の混乱を招くメッセージの表示その他アラート表示
  2. 開発者は、開発した連携アプリを公開・頒布する場合、または連携アプリの連携を停止する場合は、本規約に定める条件その他当社が定める手続きに従うものとします。
  3. 開発者は、連携アプリの名称、内容、テーマ、コンセプト等について、重要な変更を加える場合は、当該連携アプリを頒布する前に、当社に通知の上、その承諾を得るものとします。
  4. 当社は、随時(連携アプリの頒布の前後を問いません)、連携アプリの内容その他、開発者による本サービス等の利用状況について確認する場合があります。前項による確認の結果、本規約等に違反する事実が発見された場合には、当社の裁量のもと、本サービス等の利用停止、開発者登録の解除を含む、当社が必要と判断する措置を取ることができるものとします。
  5. 本サービス等の利用等にあたって、「外国為替及び外国貿易法」等関連する国内外の輸出入関連法その他の諸規制に基づく許可等が要求される場合は、開発者の責任において当該許可等を得るものとします。

第12条(報酬)

開発者が開発した連携アプリの連携を通じて、フォトブックが注文され、当該フォトブックについて注文者であるユーザーから当社が現実に対価を得た場合、当社は開発者に対して報酬を支払うものとします。なお、当該報酬の支払い金額、支払い方法等の諸条件については、当社が別途定める方法によるものとします。

第13条(保証)

開発者は、連携アプリが第三者の権利を侵害していないことを保証します。万一、連携アプリに関して、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該開発者の費用と責任において問題を解決するとともに、当社に何らの迷惑または損害を及ぼさないこととします。

第14条(使用許諾条件等)

  1. 開発者は、連携アプリの開発・頒布にあたり本サービス等を、本規約第5条その他本規約に定める範囲で使用することができます。開発者は、開発者の独自の判断によって本サービス等の使用の採否を決定するものとし、開発者による本サービス等の使用または不使用により生じた損害につき、当社は一切責任を負いません。
  2. 本サービス等において、当社が提供する、サービス、仕様書、その他のデータ等に関する権利は、全て当社が保有しています。したがって、当社は開発者に対し、本規約等に定める本サービス等の利用を除き、当社が保有する特許権、商標権、著作権、権利性のあるノウハウその他の知的財産権(以下、単に「知的財産権等」といいます)の実施または使用を許諾するものではありません。
  3. 本サービス等の登録解除等により、開発者が開発者としての資格を喪失した場合は、本サービス等を使用することはできません。

第15条(連携アプリに関する問い合わせ等)

  1. 開発者は、本サービス等の使用、連携アプリ等の使用または連携機能を利用して得られる本サイト上の情報の使用・保管に関して、第三者から問い合わせ、クレーム、請求、提訴等(以下「問い合わせ等」といいます)を受けた場合には、当該開発者の費用と責任において問い合わせ等に対応するものとします。
  2. 当社が連携アプリに関して第三者から問い合わせ等を受けた場合、必要に応じて当該問い合わせ等に関連する開発者の連絡先を、当該第三者に通知するものとし、開発者はあらかじめこれを承諾します。
  3. 当社が問い合わせ等を受けたことに関して当社に損害が生じた場合には、開発者は当該損害を補填するものとします。
  4. 開発者は、連携アプリに関する第三者からの問い合わせに対し、誠実かつ早急に対応するものとします。また、当社は開発者に対し、当該問い合わせに対する対応状況の報告を求めることができるものとします。

第16条(通知)

  1. 当社から開発者に対する通知は、原則として電子メールによるものとし、必要に応じて郵送その他の通信手段によるものとします。電子メールで通知が行われた場合、当社は、開発者の登録メールアドレスに電子メールを送信したことをもって、開発者に対する通知が行われたものとみなされます。
  2. 開発者から当社に対する通知は、当社が別途定める方法によるものとします。

第17条(禁止事項)

開発者は本サービスを利用するにあたり、以下の各号に該当し、または該当するおそれがある行為、または、そのように当社が判断する行為を行ってはならないものとします。

  • (1) 本サービス等に含まれるデータ等を操作または変更しようとする行為
  • (2)仕様書およびappCodeを第三者に開示または利用させる行為
  • (3)本サービスに影響を与える外部ツールの利用・作成・頒布等の行為
  • (4)当社または第三者のサーバに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為
  • (5)当社または第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為
  • (6)当社または第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為
  • (7)当社または第三者を差別もしくは誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損する行為
  • (8)当社または第三者に対して、方法のいかんを問わず不快感を与える行為
  • (9)わいせつ(芸術性の有無にかかわらず、性的感情を刺激すると当社が判断する一切の表現が含まれます)、児童ポルノまたは児童虐待、公序良俗違反等に相当するコメント等(文章・アスキーアート・画像・動画その他一切の表現が含まれます)の情報を、送信または表示する行為、もしくは当該情報に誘引する行為
  • (10)無限連鎖講(ネズミ講またはこれに類似するもの)、チェーンメール、MLM、リードメール等他人を勧誘することを目的とする行為
  • (11)自分以外の人物・団体(当社を含みます)を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や団体と提携、協力関係にあると偽って本サービス等を利用する行為
  • (12)詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座および携帯電話機の違法な売買その等犯罪に結びつく行為(犯罪を助長、予告する行為を含みます)
  • (13)ユーザーの承諾なくユーザー情報を取得、破棄、改変、使用もしくは開示、その他一切のアクセスをする行為
  • (14)同一の開発者が複数の開発者アカウントを取得する行為
  • (15)同一のappCodeを複数の連携アプリで利用する行為
  • (16)当社の承諾なく、本サービスおよび連携アプリに付随して、ポイント、おまけ、その他景品類等を発行または提供する行為
  • (17)本サービスを利用する際に、虚偽の情報を用いる行為(開発者名、連携アプリ名、開発者アカウントやappCodeを含みます)。
  • (18)不当に成果報酬を得ることを目的とする一切の行為(ユーザーへ成果報酬を約束し、本サービスからの報酬獲得のために本サービスの連携を強要・嘆願・依頼する行為を含みます)
  • (19)本サービス等または連携アプリを、営利目的ないし商用目的でユーザー以外の第三者に対して譲渡、権利許諾その他の方法で提供すること
  • (20)特定の商品の宣伝広告を目的とした行為
  • (21)政治的・宗教的な行為またはこれに関連する行為
  • (22)本規約等に基づく権利または義務の全部もしくは一部を、第三者に譲渡しまたは担保に供する行為
  • (23)有害なコンピュータプログラム等を送信し、または第三者が受信可能な状態におく行為
  • (24)本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により他者の個人情報を収集・蓄積する行為
  • (25)上記各号の他、法令、本規約等、公序良俗等に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、または当社の財産を侵害する行為、第三者もしくは当社に不利益を与える行為
  • (26)上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為
  • (27)その他、当社が不適切と判断する行為

第18条(免責)

  1. 本サービス等は、当社がその時点で提供可能なものとします。当社は、提供する情報、データ、プログラム等について、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につき、いかなる保証もしません。
  2. 当社は、本サービス等に存在するバグその他を補修する義務および本サービス等を改良または改善する義務を負いません。
  3. 当社は、いかなる場合においても、本サービス等の提供に関し、間接損害、特別損害、派生的損害、拡大損害(逸失利益、ビジネスの中断、プログラムおよびデータの損失等の無体物の損害を含みます)を負わないものとします。
  4. 当社は、開発者が行うユーザーへの連携アプリの内容および頒布等に関して一切責任を負わず、かかる内容および頒布等は全て開発者単独の責任によるものとし、当社は、開発者、ユーザーその他の関係者に対して、連携アプリの内容および頒布等に関してサポートその他のサービス等を提供する義務を一切負わないものとします。
  5. 当社は、連携アプリを開発・頒布等する地域において適用される各種法令、連携アプリの開発・頒布に必要となる各種の利用規約等(Apple社、Google社等が定める開発者向け利用規約を含み、その名称を問いません)に適合するかについて一切責任を負わず、それらの事項に関して何らかの紛争が起こった場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  6. 当社は、開発者またはユーザーが本サービス等を利用したこと、または利用ができなかったこと、その他本サービス等に関連する事項に起因または関連して生じた損害について、一切責任を負いません。万一、本サービス等に関連して開発者とユーザーとの間において紛争があった場合でも、当該開発者・ユーザー間で解決するものとし、当社は一切責任を負いません。
  7. 本契約に別途定めるとおり、開発者が連携アプリを開発・頒布等するにあたり、当社が定める遵守事項を遵守できない場合は、当社の判断により、開発者に対する本サービス等の提供を中止する場合があります。万一、当該理由により、本サービス等の提供を中止した場合に、当該中止により開発者等に損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  8. 本規約に別途定めるとおり、当社は、本サービス等の内容の追加、変更、または本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、アクセス過多、その他予期しない原因で、本サービスの表示速度の低下や、アクセスが不可能となった場合も同様に、一切その責任を負いません。
  9. 当社は、開発者によって開発・頒布される連携アプリその他の情報を監視し、保存する義務を負いません。したがって、必要な連携アプリその他の情報については、ユーザーにおいて適宜バックアップを行うものとします。
  10. 開発者が他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権、パブリシティ権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法(昭和45年法律第48号)に違反する行為を行った場合、その他第三者の権利を侵害した場合には、当該開発者は自身の責任と費用において、当該問題を解決しなければならず、当社は一切責任を負いません。
  11. 本規約に別途定めるとおり、本規約等に違反する行為またはそのおそれがある行為があったと信じるに足りる相当な理由があると当社が判断した場合は、当該行為を行った開発者の登録を強制的に解除し、本サービス等の利用の停止措置を取る場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  12. 当社は、理由のいかんを問わず、本サービス等の追加、変更、中断、終了につき、一切の責任を免除され、開発者に何らかの不利益または損害が発生した場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  13. 本規約等が、消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合で、かつ、当社が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、当社に故意または重大な過失がある場合を除いて、当社は、当該ユーザーが直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。したがって、当社は、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見することができた場合を含みます)については、その責任を負いません。

第19条(本サービス等の変更)

  1. 当社は、当社の判断により、本サービス等の仕様等の変更、本サービス等の全部または一部の提供を中断または終了することができ、それに伴い開発者、ユーザーまたは第三者に生じる損害を賠償する義務を負いません。ただし、本サービス等の全部または一部の提供を中断または終了する場合は、やむを得ない事情がある場合を除き、ユーザーに事前に通知することとします。
  2. 当社は、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了する場合であっても、中断または終了に伴い開発者、ユーザーまたは第三者に生じる損害を賠償する義務を負いません。

第20条(違反に対する措置)

  1. 開発者が、本規約等に違反する行為を発見した場合は、速やかに当社に当該違反の事実および内容を通報するものとします。
  2. 開発者が、本規約等に違反した場合、その他当社が必要と認めた場合は、当社は当該開発者に対して、以下の各号に定める措置を含む、当社が必要と判断する措置を講ずることがありますが、その義務を負うものではありません。なお、この措置により、開発者に不利益や損害が発生した場合であっても、当社は一切その責任を負いません。
    • (1)本規約等に違反する行為を停止し、同様の行為を繰り返さないよう要求すること
    • (2)本サービスおよび連携アプリに関するサーバのログファイルや本人確認のため必要な書類を提出するよう要求すること
    • (3)連携アプリの修正を要求すること
    • (4)刑事事件、行政事件その他に該当する可能性がある場合の警察その他の公的機関への通報等の、違反事実を本サービス内外に開示すること
    • (5)一時的にappCodeの利用を停止すること
    • (6)開発者の本サービス等の登録を解除すること
    • (7)利用申込者の利用申し込みを承諾しないこと
  3. 開発者は、当社が前項の規定に基づいて行った本規約等に違反する行為等への対処について、理由の開示を求め、または異議を申し立てることはできません。
  4. 当社は、前項の処分を受けた開発者について、本サービス等を提供しないこと(サービス提供の拒絶、既に登録している他のサービス等の登録解除を含みます)ができるものとし、また、当該処分に必要となる範囲で、当該開発者の個人情報等を保存する場合があります。

第21条(秘密保持)

  1. 当社は、本サービス等の提供を通じて当社が知り得る、開発者の登録情報やプログラムを通じて得られるトランザクションデータを、以下の場合に閲覧、保存、第三者に提供する場合があります。
    • (1)刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)または犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(平成11年法律第137号)の定めに基づく強制の処分または裁判所の命令が行われた場合
    • (2)法令に基づく強制的な処分が行われた場合
    • (3)特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたと当社が判断した場合
    • (4)他人の生命・身体、財産、名誉・プライバシーの保護のために必要があると当社が判断した場合
    • (5)開発者の個別の同意がある場合
    • (6)その他、本サービスを適切に行うために必要不可欠な場合
  2. 当社は、開発者に関する統計情報を開発者が特定できない範囲で利用・公表できるものとします。
  3. 開発者は、本サービス等を利用して知り得た当社の技術上、営業上、業務上等の情報を、第三者に漏洩してはならないものとします。

第22条(個人情報の取り扱い)

  1. 当社は、開発者から個人情報を取得した場合には、当該個人情報を、当社が定める個人情報保護方針に従い、適切に取り扱います。
  2. 開発者は、ユーザーが保有する電子データ等の情報およびユーザーに関する情報(以下「ユーザー情報」といいます)を、ユーザーに無断で取得、破棄、改変、使用もしくは開示、その他一切のアクセスを行わないものとします。
  3. 前項の規定に反する、または反するおそれがあると合理的に判断される場合、開発者は当社に対して、速やかにその旨を通知するものとし、当社の指示に従うものとします。
  4. 開発者は、連携アプリの開発・頒布等にあたり、ユーザー情報のセキュリティおよび機密性を保護するための管理、技術および物理的な保護手段を講じるものとします。
  5. 開発者は、開発者が要求してない、または必要としないユーザー情報を当社から取得または受領した場合、かかるユーザー情報の受領について速やかに当社に通知するとともに、当該ユーザー情報の一切を削除するものとします。

第23条(本規約等の有効性)

  1. 本規約等の各条項の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該条項の無効と判断された部分以外の部分および本規約等のその他の規定は、有効とします。
  2. 本規約等の各条項の一部が、ある開発者との関係で無効とされ、または取り消された場合であっても、その他の開発者との関係においては、本規約等は有効とします。

第24条(準拠法および管轄裁判所)

  1. 本規約等の準拠法は、日本法とします。
  2. 本サービス等や連携アプリに関して開発者と当社の間で疑義または争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。